ホーム > 稽古内容

稽古内容

剣道ってなにをするんだろう?ずっと竹刀で戦っているのかな・・・?

ご参考までに、圓心の稽古の流れをご紹介します。

■8:30~ 準備

準備

小学校のイベント時などを除き、毎週土日の午前中が稽古日時です。

個々の予定を優先してもらっていますので、集まるのは大体会員数の半分~2/3くらいです。

まず、高学年を中心にモップ掛けなど体育館の準備をはじめます。

道着は着て来る人、体育館に来てから着替える人様々です。初心者は動きやすい私服でもかまいません。

■9:00~ 基本型の練習 (※初心者は行いません)

基本型の練習

銅と垂を着け、木刀を持って基本型の練習を始めます。

基本型とは、元太刀(受け側)と仕太刀(攻め側)に別れて9通りの演舞を行うものです。 昇級審査の試験項目のひとつであり、立ち姿の綺麗さや、動作の正確さが問われます。

■9:30~ 準備運動と素振り

準備運動 素振り

みんなで輪になり、怪我のないようストレッチを中心とした準備運動を行います。

素振りは基本に忠実に一本一本丁寧に行います。

■10:00~ 挨拶

挨拶 面付け

剣道は礼に始まり礼に終わります。

黙想で心を落ち着かせ、生徒は指導者に、指導者は生徒に礼をします。

その後、初心者以外の生徒は面と小手を着けます。始めはうまく着けられなくても、指導者や先輩が手伝いますのでご安心ください。

■10:10~ 基本稽古 (※初心者は行いません)

基本稽古

指導者が元太刀(受け側)に立って、生徒の剣を受けます。

面打ち・小手打ちなどの基本技はもちろん、小手面・小手胴など試合に使える連続技も練習していきます。

■10:10~ 初心者の稽古

初心者の稽古

このあたりから初心者は別メニューになります。

おもに足さばき竹刀のかまえ方などの基本を習いますが、まずは親しみ馴染むことに重点を置いています。

1時間くらいで終了しますので、ここで稽古終了としても良いですし、最後まで見学するのも自由です。

小さなお子さんは見学というより走り回っていることがほとんどですが・・・楽しそうです。

■11:00~ かかり稽古 (※初心者は行いません)

掛稽古

かかり稽古とは、指導者に向かって生徒が次々に技を仕掛けていく練習です。

次々に技を仕掛ける体力精神力を身につけます。

■11:20~ 試合練習 (※初心者は行いません)

試合練習 試合練習

成果を確認するために、試合と同様の三本勝負を行います。

勝敗が決まるものなので、みんな一生懸命です。

指導者同士の試合も行いますので、生徒は見学していることもあります。迫力満点です!

■11:20~ 不定期開催・風船割り

風船割り

年に数回不定期で、風船割り大会をすることもあります。

試合形式で面に付けた風船を割り合うもので、子どもたちに大人気です。

他にも子どもたちが楽しんで参加できるよう工夫した稽古がたくさんあります。

■11:50~ 終了の挨拶

面取り 終了の挨拶

面と小手を取り、黙想をしてお互いに礼をします。

その後、指導者がその日のいいところや改善点を教えます。

そして最後に一礼して稽古終了です。

※休憩は個々で自由に取っています。

 

お問い合わせはこちら

E-mail:enshin@live.jp(安西まで)

気になることなどお気軽にお尋ねください。

活動記録

明るく楽しく時に厳しく、圓心の記録

剣道生徒募集

新規生徒募集&剣道無料体験実施中!

体験者インタビュー

剣道を習ってみたら…経験者のお話

よくあるご質問

剣道はスポーツ?子供向きの習い事?